最近のニュースで初めて「仮想通貨」という言葉を耳にした人は多いのではないでしょうか。

ただ、あまりにも急速に「仮想通貨」が有名になったため、「知りたいけれど、専門用語が多くてわからない」という人がたくさんいます。

今回は、初めて「仮想通貨」という言葉を聞いた人向けに「仮想通貨とは」を解説してみます。

「仮想通貨」と「お金」の違い

ビットコインimage_1

「仮想通貨」とは、通貨といいながら実際に目に見えたり、財布に入れられたりするものではありません。

「お金」ならば、日本円でもドルでの紙幣と硬貨がありますが、「仮想通貨」はコンピューターの中のデータだけになるのです。

そのため、仮想通貨に「国」という感覚はありません。

例えば、日本からアメリカに送金するとき、「お金」ならば日本円からドルに替える必要があります。その際には、送金手数料や両替手数料が発生しますよね。

しかし「仮想通貨」には「国」という感覚がないため、「仮想通貨」は「仮想通貨」のまま送金されることになるのです。

しかも、データのやりとりで送金が終わるため、手数料もほとんどかかりません。

「仮想通貨」の一番の目的

ビットコインimage_2

「仮想通貨」が作られた一番の目的は「パソコン内でのお金のやりとりを簡単にしたい」ということだったと言われています。

インターネットの普及から、ネットショッピングが盛んになり、買い物も近所のお店から世界中のお店へと広がっていきました。

買い物を世界中で行うためには、決済も世界中で行われるようになります。

そういう状況の中で生み出された新しい通貨が「仮想通貨」だったのです。

しかし、最近は「便利なお金」としての目的よりも短期間の売買で利益を得る目的の「投機」として取り上げられることが多くなりました。

ただ徐々に都内では仮想通貨を支払い方法として利用できる店舗も増えてきているので、本来の通貨としての役目も増えてくるかもしれませんね。

「仮想通貨」と「ビットコイン」の違い

ビットコインimage _3

「仮想通貨」と同じように頻繁に耳にするようになった言葉に「ビットコイン」という言葉があります。

「ビットコイン」とは、仮想通貨の中の1種類の名前です。「仮想通貨」とよばれるものは、実はたくさんあります。

そのたくさんの仮想通貨の中で、一番有名で一番多く流通しているものが「ビットコイン」なのです。

「コイン」という名前ですが、本当はコインのような形もありません。

テレビや雑誌では、金の金貨のようなイメージを映像に出していますが、あくまでイメージであり固いコインがあるわけではないのです。

ちなみに仮想通貨の種類としてビットコイン以外には以下の様なものがあります。

  • ビットコイン(Bitcoin)【BTC】
  • リップル(Ripple)【XRP】
  • ライトコイン(Litecoin)【LTC】
  • イーサリアム (Ethereum)【ETH】
  • イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)【ETC】
  • モネロ(Monero)【XMR】
  • ネム(NEM)【XEM】
  • モナーコイン(Monacoin)
  • ファクトム(Factom)【FCT】
  • リスク【LISK】

「仮想通貨」の管理機関はない

ビットコインimage_4

「仮想通貨」で一番難しいポイントが、管理する機関がないとうこと。

日本のお金ならば、日本銀行があります。しかし「仮想通貨」は「取引所」と呼ばれる「売買できる場所」や、「マイナー」と呼ばれる「仮想通貨を生み出す人」がいたとしても、その後の管理をする人はいないのです。

そのため、自分が取引していた「取引所」に何かが起こってしまい、自分の「仮想通貨」に何かがあっても「自己責任」で対処するしかないのです。

仮想通貨が不安。。。という方は、ここの部分を切り出して心配が膨らんでいるんでしょうね。

「仮想通貨」の価値は需要と供給で変動する

ビットコインimage_5

「仮想通貨」の価値は、金や株式と同様に値動きをします。

とくに「仮想通貨」は登場して間もないものであり、値動きはとても激しくなっているのです。

この値動きは、需要と供給が影響します。

「仮想通貨」に興味を持つ人がたくさん出てきて、みんなが欲しがるようならば値はあがります。

一方、「仮想通貨」の人気が下がり、みんなが手放し始めたら値は下がるのです。

仮想通貨って何? まとめ

「仮想通貨」の一番の魅力は「世界共通のお金の登場」だったのかもしれません。

しかし現在、世界で一番「仮想通貨」を持っている人たちは日本人と言われています。

「短期間で億り人になった」というニュースを耳にすると、「とりあえず買っておこう」と思いがちですが、「仮想通貨」は元本保証されるものではありません。

リスクを把握したうえでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。