ふるさと納税の返礼品の中でも人気が高いのが家電。
パソコンや炊飯器、掃除機など豊富な種類がたくさんそろってます。

最近、ふるさと納税の返礼品に見直しが掛かっているようですが、2017年も引き続き家電の返礼品は出てくると思います。

ふるさと納税の返礼品は家電がいい!
そんな時に頼りになるのが、ふるさと納税ポータルサイトのふるなび。

先ほど挙げた、パソコンや炊飯器、掃除機、テレビ、カメラ、iPadなど多くの家電がふるなびには揃っているので、欲しい物が確実にあるはず!

2017年のふるさと納税時にはふるなびをチェック!

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」ってなに?

ふるなびはさとふると同じふるさと納税ポータルサイトです。

運営会社はアイモバイルという、東証マザーズに上場しているWeb広告の会社です。
東証マザーズに上場しているという点は安心感ありですね。

ただふるなびは2016年にTVCMを行っていないので、さとふると比較すると知名度は低いかもしれませんね。

ふるなびの特徴って何??

では、そんなふるなびを選ぶ理由は何でしょうか?
知名度だけでいったらさとふるの方が有名なので、さとふるを使えばいいじゃん!と思う方もいらっしゃると思います。

ふるなびを利用するメリットは最初に書いた様に家電の取り扱いがあるという事。

さとふるなどでは家電の取り扱いはほとんどありません。
試しにふるなびとさとふるの家電の取り扱い返礼品数を比べてみました。

  • ふるなび…244品
  • さとふる…5品

その差は何と約50倍!

ふるさと納税でパソコンや炊飯器、テレビなどが欲しいという方はふるなびを利用するしかないという事がわかりますね。

ふるなび独自のサービス、ふるなびグルメポイント

ふるなびにはもう一つ、珍しいふるさと納税のサービスがあります。
それがふるなびグルメポイント。

通常、ふるさと納税を行った場合、変連品として送られてくる物は地域の食べ物や家電などですよね。

ふるなびグルメポイントはモノでは無く、コトが返礼品となっています!
ふるさと納税を行い、貯めたグルメポイントを使用し料亭やホテルの美味しいご飯が食べられるという内容。

しかも利用期限が無いという事で、1年目に3万円分のふるさと納税を行い、グルメポイントに変換。
2年目に更に3万円分のふるさと納税を行い、グルメポイントに変換という事をした場合、合計6万円分のグルメポイントを一気に使用するという事も可能です。

ただ一点ここに来て改悪が。。。
2017年4月に総務省からふるさと納税の返礼上限について納税金額の30%までにするよう通達が出ました。
要は10000円の納税の場合、返礼品の商品金額は3000円まで、という事ですね。

ふるなびのグルメポイントは10000円の納税時に5000円分のグルメポイントがもらえていました。
返礼品の割合が50%という事です。

こちらが5月1日より引き下げになるようです。
ふるなび サービス内容変更のお知らせ

仮に30%上限となった場合、10000円納税して3000円分かーとなりそうですね。
お得な事に変わりはないのですが。。

ふるなびにキャンペーンってあるの??

さとふるにはキャンペーンがあるので、その時がさとふる利用のねらい目という記事を書きましたが、ふるなびにはキャンペーンはあるのでしょうか。

調べてみましたが特にキャンペーンやキャンペーンコードが実施・発行された形跡はありませんでした。

ただ、いつそういったキャンペーンやキャンペーンコードが発行されるかはわかりません。
ライバルであるさとふるがガッツリ取り組みをしているので、その内出て来るかもしれませんね。

ふるさと納税ポータルサイト ふるなび まとめ

如何でしたでしょうか。
さとふるとは異なり、家電やグルメポイントなど地域の食べ物以外に強みを持ったふるなび。

家電などは納税額が高く、返礼可能金額を超えてしまう可能性が高そうですが、ふるさと納税で家電を申し込めるというのは嬉しいですね。

ご自身が何が欲しいのか、という事を考えて頂き、パソコン!炊飯器!掃除機!テレビ!などが欲しいとなれば、ふるなびが最もオススメです。

ふるさと納税ポータルサイトも多数出てきているので用途によって使い分けをし、最もお得な方法でふるさと納税を行いましょう。